火災保険の仕組みと保険料をなるべく安くするポイント

前回の記事で火災保険と地震保険への加入をおすすめしましたが、今回は火災保険の仕組みと、火災保険をなるべく安くするポイントをもう少し詳しくお伝えします。

火災保険の仕組みと保険料を安くするには?

いまの火災保険は種類も多くて選択も難しいですね。でも、保険の金額は構造や延床面積、築年数などで大体決まっています。あとは特約などの付帯条件によりますので、各社から見積もり徴収するのがいいでしょう。

補償内容としては、まず台風や暴風による風災被害の補償があります。台風で屋根が剥がれた、壁が壊れた窓ガラスが割れた…といった被害です。風災補償は日本全国どんな家に住んでいても必須項目でしょう。

洪水(床上浸水)や土砂崩れにより危険がある地域なら、水災補償も必要です。海沿いや河川に近い、海抜の低い土地なら必要になります。逆に、内陸地や高台の家、マンションの高層階に住む場合は、不要な場合も多いです。

火災保険でカバーするもの

飛来・落下・衝突による損害も考えられます。道路沿いの家だとブロック塀に車が衝突したり(当て逃げ)、物品が飛んできて破損する、投石のいたずら被害などの事故が起こり得るからです。そうした危険が想定される場合は付加したほうが無難です。

盗難の補償は、住まいのセキュリティ状況などで事情が変わってきます。家財・金品の窃盗被害、窓ガラスやカギを壊されたなど補償したい場合は付帯します。

地震保険は、揺れによる建物の損壊や火災、津波による水災をカバーします。昨今の日本で全国的に地震の被害が頻発していることを考えると、必ず入っていたほうがよいと言えるでしょう。尚、地震による火災被害は地震保険に入ってないと補償の対象になりませんので注意しましょう(火災保険だけではカバーできない)。

こうした付帯条件のほか、住宅ローンの有無、オール電化、ホームセキュリティなどで掛金(保険料)は変わってきます。自分に必要な特約を考慮した上で、なるべく安い保険会社を見つけるのが火災保険を安くするコツといえます。

アパートやマンションも、店舗やビルも火災保険に入るの?

火災保険と一口に言っても、住宅用(一戸建て住宅・マンション・アパート)と事業用(店舗・事務所・工場)など建物により入る保険内容は違ってきて、保険料にも差があります。また、賃貸物件のオーナーさんも少し違う種類の保険になりますね。

他にも建物の構造とか補償の範囲、新築と中古の物件によってもいろいろなプランが用意されています。住居周りの環境だとか危険のあるリスクをよく考えて、最適な保険を選ぶことがベストの火災保険選びのポイントです。

賃貸に住んでても、火災保険は必要なの?

よく、賃貸アパートやマンションに住んでるから火災保険は必要ないでしょ?
と勘違いしている方がいます。建物は大家さんの所有ですが、家具などの家財はあなたのものですよねっ。

もし隣の部屋で家事が出てあなたの家財が消失しても、大家さんの火災保険では補償されないことがある
のです!

また、賃貸の場合、間違って壁など部屋を壊してしまった時は自分の責任で補修しないといけませんね。賃貸用の火災保険では、こうした損害を与えたとき原状復旧の費用を補填してくれる項目もあります。

そうした点からも、賃貸マンション・アパートにお住まいでも火災保険の加入を検討した方が安心だと思いますよ。

保険を選ぶ決め手となるのは

火災保険の決め手になるのは、もちろん補償の内容や保険会社の信用度が重要ですよね。
でも家計を考えると、ズバリ掛け金の安いところが一番いいワケですよね。

火災保険は基本掛け捨てなので、将来何年も保険料を払わないといけませんからね…。
できるだけ良い保険で保険料も抑えたいなら、まずはこちらで見積もりすることを
オススメします。

毎年の更新のときに見積りし直すのも賢い方法ですね。
保険料が改定されてたり、特約などに変更があると保険料率も変わってきますので、大幅な節約になるケースもあります。
見積もりや資料請求は無料だしカンタンに節約できるので、やっておいて損はないですよね!

※火災と自然災害に注意するシーズンです。これから火災の危険が高まるシーズンになります。また今年は異常気象なのか、大型の台風による大雨や水害、土砂崩れといった自然災害により大きな被害が発生してしまいました。

※災害に備えるには、事前にできることを確実に行っておくこと!
備蓄品の準備、避難経路の確認、そして保険に付保しておくこと。いざ災害が発生した時には、こうした日頃の備えが大きな助けになってくれることがありますからね。

火災保険がだんだん値上げになっている!今後の見込みは?


昨年あたりは、特に自然災害によるお大きな被害が頻発していますよね…

梅雨に雨が少ないと思ったら、夏は全国各地で猛暑、秋は台風と大雨(洪水・川の氾濫)など。大雪(積雪)の被害や竜巻の発生もニュースでよく聞くようになり、とっても心配です(>_<)

そして、心配なニュースがもう一つありまして、火災保険料が2019年に値上がりする見込みになったそうです。

火災保険料は地域(都道府県)により料率が異なりますが、その元となる「参考純率」(保険会社の保険料率)が上がるそうなのです。すると、実際に支払う私達の保険料の高くなります。

原因は今言ったように災害が急増して、保険給付が膨大になり損害保険会社の収支が合わなくなっているからだそうです。

いくらくらいの保険料値上げになるのか?

ニュースによると、一戸建て住宅で年間1000円から2000円くらいの値上げ、マンションだと数百円程度の火災保険料の上げと見込まれています。

わずかでも毎年支払いが発生する費用ですし、解約するわけにもいかないですからね。今年度は消費税も10%に増えますから節約できるところはしっかりしたいですね。

火災保険を安く節約するには、他の保険会社のプランと比較するのが一番良い方法です。
ネットで複数の保険を比べられれたり無料相談のサービスもありますから、上手に利用して火災保険を節約しましょう。

⇒ ネット見積もりで一番安い火災保険を探す

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年のバイト探しは!

グーグルマップ・ローカルガイド

引越し準備はお早めに!

ピックアップ記事

  1. アルバイトやパートで気軽に働きたいということなら、仕事の選択肢は広がります。その職種や業界の経験がな…
  2. 【総合病院・大病院】21施設 病院名 電話番号 住所 備考 仙台中江病院 0…
  3. 宮城・仙台の中心市である仙台では、四季を通じて様々なイベントや催事が開催されています。春夏秋冬それぞ…

Twitter やってます!

青葉区の観光スポット

大崎八幡宮
瑞鳳殿
宮城県美術館
仙台市博物館
・仙台市天文台
・作並温泉

青葉区イベント・行事

仙台初売り(1月)
・どんと祭(1月)
お花見・桜(3~4月)
・青葉まつりつり(5月)
・仙台七夕まつり(8月)
・ジャズフェスティバル(9月)
光のページェント(12月)

仙台市青葉区とは?


■ 仙台市青葉区の人口
 青葉区 310,047人
(仙台市1,088,669人)

■ 青葉区の世帯数
青葉区 151,127世帯
(仙台市510,545世帯)

公共施設連絡先

ブログランキング!


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

ページ上部へ戻る